沖縄生活情報

沖縄の食

写真提供: OCVB

独自の食文化が根付く島国

色鮮やかな魚や野菜、芳醇な香り漂う果物など、南国の豊かな気候が生み出す食材を使った料理は、エネルギーに満ちあふれたごちそうです。その中でも有名な沖縄のソウルフードが、沖縄そばや豚肉料理、魚料理、豆腐料理、山羊料理、ゴーヤーチャンプルー、タコライスなど。琉球王朝時代の官廷料理のほか、アメリカ統治により定着したファストフード、アメリカンナイズされた料理など、チャンプルー(意:混合)な料理が楽しめます。

沖縄そば

沖縄そばは、琉球王朝時代に中国より伝わったとされる官廷料理の一つです。今では、沖縄の代表的な料理の一つとして周知されていますが、実際には、県民の間で沖縄そばが日常的に食べられるようになったのは戦後のことです。
沖縄そばの種類はソーキそばや三枚肉そば、てびちそば、軟骨そば、ゆし豆腐そばなど。特徴も地域によってさまざまで麺やスープ、具材に違いが見られ、首里そば、名護そば、八重山そば、宮古そば、大東そばなどがあり、バリエーションも豊かです。

ページ上部へ戻る

豚肉料理

「鳴き声以外はすべて食べられる」という言葉が合い言葉のように出回るほど、豚肉の消費量が多いのが沖縄。三枚肉を箸で切れるほど柔らかく煮込んだ「ラフテー」、豚の耳皮をピーナッツ味噌などで和えた「ミミガー」、コラーゲンたっぷり豚足の煮物「てびち」、豚の臓もつを使ったお吸い物「中味汁」、豚の頭皮を炒めた「チラガイリチー」など、さまざまな豚肉料理があふれています。

ページ上部へ戻る

魚料理

南国の魚を中心とした魚介類が魅力。温暖な気候ゆえ、調理方法は煮物、焼物、揚げ物が一般的です。魚のなかでも、高級魚とされているのがミーバイ(ハタ)。よく食されるのは、グルクンの唐揚げ(タカサゴ)、近海マグロやカツオの刺身、カラフルな亜熱帯の魚を刺身で食べたり、塩で煮込むマース煮などがあります。

ページ上部へ戻る

山羊料理(ヒージャー料理)

豚、牛と並び、肉料理として有名なのが山羊料理。飼いやすさと栄養価の高さから食されており、祝い事の席で振る舞われることが多い料理です。しかし、独特の香りがあるため、好みがはっきりと分かれる食材で、刺身や汁物などの調理法があります。

ページ上部へ戻る

豆腐料理

沖縄と豆腐の結びつきは強く、食卓には欠かせない一品。スーパーでは、ホカホカの島豆腐とゆし豆腐が並ぶほど、豆腐の食文化が盛んです。

島豆腐

木綿豆腐とは作り方が異なる上、水分が少なく、蛋白質含量などの栄養価も高いのが特徴。形が崩れにくいので、ゴーヤーチャンプルーなどの炒め物に使われます。

ゆし豆腐

おぼろ豆腐に近い豆腐。にがりと塩を入れた直後に型入れをせず商品化した豆腐(島豆腐が固まる前)で、ふわふわとした柔らかさが楽しめます。豆腐のお汁や沖縄そばの具として味わえます。

ジーマーミー豆腐

ジーマーミーとは、ウチナーグチで落花生のこと。製法は異なりますが、イメージ的に近いのは胡麻豆腐。大豆の加工品ではなく、落花生の絞り汁とさつまいものデンプンを加えて作られたもので、もちっとした食感がくせになる食品です。

豆腐よう

豆腐ようとは豆腐を紅麹と泡盛などを用いた漬け汁に長期間漬け込み、発酵・熟成させた発酵食品です。ウニの風味とチーズのようなねっとりとした舌触りを合わせもった上品で濃厚な味はまさに珍味中の珍味となります。

ページ上部へ戻る

島野菜料理

太陽の恵みを受け育った島野菜は、色や味が濃く、栄養価の高い食材が多くあります。なかでも代表的なのがゴーヤーやナーベラー、パパヤ、シブイ、ターンム、フーチバーなど。炒め物、煮物、天ぷらなど、沖縄の代表的な郷土料理として食卓を彩ります。

ゴーヤー(ニガウリ)

苦みが強く、ビタミンCが豊富な夏野菜。食べ方は、豆腐やポークなどと炒めた「ゴーヤーチャンプルー」、サラダ、天ぷらなど。

ナーベーラー(ヘチマ)

ゴーヤーと同じく、沖縄を代表する夏野菜。食べ方は、味噌を加えて煮込む「ナーベーラーンブシー」、味噌汁など。

パパヤ(パパイヤ)

沖縄では、熟す前の青いパパイヤを野菜として使います。食べ方は、炒め物の「パパヤイリチー」やサラダなど。

シブイ(トウガン)

ウリ科の野菜で低カロリー。味も淡白でクセがないので、煮物や味噌汁などの料理に適しています。

ターンム(タイモ)

里芋の一種。子孫繁栄の縁起物として沖縄の正月には欠かせない食材です。食べ方は、豚肉などと炒めた「ドゥルワカシー」や揚げ物の「ドゥル天」など。

フーチバー(ヨモギ)

一般的なヨモギより苦みが柔らかなニシヨモギという品種。食べ方は、沖縄風炊き込みごはん「フーチバージューシー」、「フーチバーそば」など。

ページ上部へ戻る

アメリカン&ファストフード


タコライス


A&W


ステーキ

アメリカ統治により沖縄に広まった料理は数知れず、日本で最初にファストフード店が進出したのも沖縄でした。その日本初上陸のファストフード店が、1963年に北中城の屋宜原に誕生したハンバーガーチェーンのA&W(通称:エンダー)。以降、ステーキハウスも増えていき、当初は外国人客の多かった店内に県民の姿が増え、沖縄の食卓にもアメリカの文化が馴染んでいきます。
アメリカンナイズされた食のなかでも有名なのが、メキシカン生まれのタコスにボリュームを求めアレンジしたタコライスや、保存食である缶詰ポークランチョミート(通称:ポーク)を使ったポークたまごなどのポーク料理。沖縄の食を語る上では欠かせないメニューとなっています。

ページ上部へ戻る