UIターンインタビュー 株式会社コレボ 北出裕貴さん

株式会社コレボ 北出裕貴さん

まず初めに沖縄に移住してどれくらいになるか教えていただけますか?

沖縄に来て7年目になります。現在は株式会社コレボの代表取締役として働いています。弊社の業務は二本柱があって、Webのデザイン、コーディングのようなフロント業務、そしてもうひとつが様々なCMSへの組み込み構築です。元々、僕はコーダーなので、業務の中でもコーディングをしたり、あとはお客さんとのやりとり、飲みに行ったりも含め、僕がしています。

【株式会社コレボの求人情報はこちら】
Webデザイナー
マークアップエンジニア
沖縄に来た理由、選んだ理由は?
僕は京都府舞鶴市の出身で、そこから名古屋を経て東京に出たんですが、地方の方が精神的に落ち着くようです。沖縄旅行に来た時に「沖縄に一回は住んでみたいな」と思っていました。沖縄の海が好きなのもそうなんですが、カラッと晴れた青空が好きで、それだけでテンションが上がるので、だったらそういうところに住んでた方が得やなぁ、と。アホっぽいでしょ?
これからの仕事について、どのように考えていますか?
3~5年を目処にWebの事業に関しては20名くらいまでスタッフを増やして、「勢いのある会社だね」と言われるようにしたいです。そうなって地盤が固まった後で、物流やサービス業などの他の方向にも目を向けていかねばと思っています。今後、どんなスタッフが加わってくれるかにもよりますが、スタッフの得意分野を活かして、Web業界以外でも活躍できる会社にしていきたいですね。「こんなことしたい!」と言ってくれるスタッフが出てきたらありがたいですね。
一緒に働くならどんな人がいいですか?
普通の人でもいいんですが、今、会社にムードメーカーがいないので、ちょっと外れた人の方がいいかな、と。仕事は外れると困るんですけど、口が達者というかチャラいというか、それくらいの人でもいいですね。快活な人!
移住するにあたって悩みや不安はありましたか?
沖縄に来る前提で「沖縄本社にいずれは…」という約束で以前の会社の東京支社に入社しました。それで会社の異動というかたちで沖縄に来たので不安はありませんでした。どうしてそういう準備をしたかと言うと、ネットで調べてみると、沖縄移住者が帰ってくる一番の理由が「仕事がない」ということだったので、職だけは安定させて沖縄に行こうと考えていました。生活習慣や文化については、僕は新しいところに飛び込んで新しいことを味わうのが好きなので不安はありませんでした。むしろ、それを楽しみにして来ないと、なんで沖縄に来るのかわからなくなりますね。
北出裕貴さん ろくろ
沖縄に移住する前と移住した後のイメージの違いはありましたか?
主張をする人が少ないと感じました。東京だったら言うことを言わないと、というところがあると思いますが、沖縄だと「これやりたい!」とか「これ無理です!」とかの声が小さいかな、と。こちらから聞かないと答えないことが多いですね。良し悪しは別にして、そういう文化なんだなぁ、と思います。

オフはどんな風に過ごしていますか?
去年、一昨年はむちゃくちゃダイビングとシュノーケリングをしていましたが、今年は Overwatch というゲームばっかりやっていますね。

沖縄に移住してきた方にオススメの過ごし方はありますか?
離島って行くにも時間もお金もかかりますし、「行こう!」と思わないとなかなか行けないと思うんです。でも、離島は旧来の沖縄っぽい雰囲気を味わえると思うので、意識して行くようにすると楽しいと思います。僕は7年目にしてやっと西表島に行ったんですが、とても楽しかったです。最初からバンバン行くことをオススメします。
あと、先ほども少し触れましたが、暑い暑い沖縄でクーラーの聞いた部屋で本を読んだり、映画を見たり、ゲームをしたりインドアに没頭するのも個人的には贅沢を感じられてオススメです。
移住を考えている皆さんに一言。
僕が沖縄に来た7年前と違って、ITの会社が沖縄に増えましたし、自分が力を発揮できる会社やポジションを見つけられると思います。なので、そういうところにしっかりとはまれるように、最初しっかりと準備をして来れば、なんとでもなるかな、と。まずは真剣に選んで、選んだ後は楽しむつもりで気楽に来ていただければと思います。
北出さん、ありがとうございました!
【株式会社コレボの求人情報はこちら】
Webデザイナー
マークアップエンジニア